施工事例

長寿命化リフォームN様邸 全面リフォーム

BEFORE 施工前 N様邸 全面リフォーム拡大する
AFTER 施工後 N様邸 全面リフォーム拡大する

 <既存>

車庫と繋がった木造2階建て住宅。

北側・西側・南側には田園が広がる 恵まれた環境です。

その反面、長年の西日や風雪による外装の傷みは顕著でした。

 

<工事概要>

住宅部分は

屋根も外壁もいったん全てはがし、柱等の骨組み(構造材)だけの状態にし、各種仕様を強化していきます。

 

耐震補強:構造金物 及び 耐震面材ダイライトMS張

断熱仕様:天井 / グラスウール敷込断熱

                  壁 / アキレスQ1ボード外張断熱(硬質ウレタンフォーム断熱材)

      床 / フクフォーム充填断熱(ポリエチレンフォーム断熱材)

               サッシ / アルミ樹脂複合断熱サッシ(全箇所)

外装仕上:外壁 / 樹脂製サイディング横張

     屋根 / ガルバリウム鋼板葺き

内装仕上:床 / 1階 栗

        2階 カバザクラ

     壁 天井 / ビニールクロス

 

 

住宅と連なる車庫は、屋根のみの工事です。

・既存セメント瓦屋根撤去 → 新規ガルバリウム鋼板葺

 

既存の床下はやや湿気のあるものの、シロアリによる食害は見られませんでした。
砕石を転圧した後 防湿シートを敷き、配筋後 コンクリートを打設。
立ち上がり部分の基礎は細かなヒビ割れが発生していたため、内部に基礎を増打ちし、既存の土台と繋ぎます。
  拡大する

既存の床下はやや湿気のあるものの、シロアリによる食害は見られませんでした。

砕石を転圧した後 防湿シートを敷き、配筋後 コンクリートを打設。

立ち上がり部分の基礎は細かなヒビ割れが発生していたため、内部に基礎を増打ちし、既存の土台と繋ぎます。

 

外壁面の施工では、雨天に配慮して1面づつ耐震面材張後 → 外張り断熱 まで張り上げました。 拡大する
外壁面の施工では、雨天に配慮して1面づつ耐震面材張後 → 外張り断熱 まで張り上げました。
耐震面材のダイライトは、鉱物で出来ており火災・シロアリ対策として、構造用合板よりも機能面で上位製品です。 拡大する

耐震面材のダイライトは、鉱物で出来ており火災・シロアリ対策として、構造用合板よりも機能面で上位製品です。

これまでの屋根は瓦が使われていました。軽く丈夫なガルバリウム鋼板(横葺)で葺き替える前に、不足している垂木を追加しています。 拡大する

これまでの屋根は瓦が使われていました。軽く丈夫なガルバリウム鋼板(横葺)で葺き替える前に、不足している垂木を追加しています。

拡大する
拡大する
LDKには新しい暖房設備として薪ストーブを備えます。 拡大する
LDKには新しい暖房設備として薪ストーブを備えます。
南東に面した主寝室。既存のまま残した庭の緑が美しい窓辺です。 拡大する
南東に面した主寝室。既存のまま残した庭の緑が美しい窓辺です。
浴室は 以前はタイル張りの在来浴室でしたが、ゆとりの広さのユニットバスへ変わりました。 拡大する
浴室は 以前はタイル張りの在来浴室でしたが、ゆとりの広さのユニットバスへ変わりました。
今回のリフォームに合わせて、住宅裏手には物置小屋も新設しました。 拡大する

今回のリフォームに合わせて、住宅裏手には物置小屋も新設しました。

← 一覧へ戻る

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。