施工事例

増築リフォームS様邸 増築工事

BEFORE 施工前 S様邸 増築工事拡大する
AFTER 施工後 S様邸 増築工事拡大する

築21年のお住まい。

家族構成が変わった事をきっかけに、若い世代のために2階に新たな居住スペースを増築しました。

 

<概要>

所在地 :長岡市

用途地域:第一種中高層住居専用地域

容積率 :200%

 

増築部分

屋根仕上:ガルバリウム鋼板横葺(耐摩GL)

外壁仕上:金属サイディング横張

既存の車庫上部を利用し、新たな生活スペースをつくります。
2階は、14畳の洋室・4.5畳のウォークインクローゼット、そして敷地形状を利用した2.4畳の書斎で構成されます。 拡大する

既存の車庫上部を利用し、新たな生活スペースをつくります。

2階は、14畳の洋室・4.5畳のウォークインクローゼット、そして敷地形状を利用した2.4畳の書斎で構成されます。

1階の車庫を増築する部分に、布基礎を打設。
既存基礎との接合部は、差筋アンカー(鉄筋を差して)で一体化させます。
  拡大する

1階の車庫を増築する部分に、布基礎を打設。

既存基礎との接合部は、差筋アンカー(鉄筋を差して)で一体化させます。

 
車の乗り入れる平部にワイヤーメッシュを敷きコンクリートを打設 拡大する
車の乗り入れる平部にワイヤーメッシュを敷きコンクリートを打設
既存車庫の屋根面を解体し、構造躯体をむき出しにします。 拡大する
既存車庫の屋根面を解体し、構造躯体をむき出しにします。
建て方日は晴天に恵まれました。 拡大する
建て方日は晴天に恵まれました。
S様邸は2つの道路に面した、三角形の敷地。
周辺に配慮しつつ工事を進めます。 拡大する

S様邸は2つの道路に面した、三角形の敷地。

周辺に配慮しつつ工事を進めます。

梁材には曲げ・たわみ強度に優れた丸太梁を使用。
既存住宅との接合部は、大工が手刻みを施し強固に繋ぎます。 拡大する

梁材には曲げ・たわみ強度に優れた丸太梁を使用。

既存住宅との接合部は、大工が手刻みを施し強固に繋ぎます。

新しい屋根は軽いガルバリウム鋼板葺き。既存屋根の安田瓦をめくって、下葺き材の防水アスファルトルーフィングを既存部分と重ね合わせ、防水層を確実に連続させます。 拡大する
新しい屋根は軽いガルバリウム鋼板葺き。既存屋根の安田瓦をめくって、下葺き材の防水アスファルトルーフィングを既存部分と重ね合わせ、防水層を確実に連続させます。
完成した内部空間。
白を基調とした明るいリビングルームです。 拡大する

完成した内部空間。

白を基調とした明るいリビングルームです。

敷地形状に伴い変形した書斎は、その形状を活かして収納スペースと居心地を確保。 拡大する
敷地形状に伴い変形した書斎は、その形状を活かして収納スペースと居心地を確保。

← 一覧へ戻る

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。